未来の乗り物やハイテク器機・エネルギーなどを紹介します

食物工場をご存知ですか?メリットなども合わせて解説します。
トップページ >
ページの先頭へ

植物工場とは

植物工場は、天候に左右されなくても安定した食料を確保することができることを目的に、ビルの一角など閉ざされた室内にて温度や湿度を管理しながら養液栽培をしています。またビルや工場などの空間ではなく、太陽光を利用したテラスハウスやビニールハウスのような空間で栽培するタイプと、食材や企業の方針にて同じ植物工場でも栽培方法が違うことからとくに決められた定義というのはないです。これは食品や飲食業界が特定の野菜やハーブを品切れの状態にしない為に、最初は実験段階として栽培していましたが現在は通常に出されるメニューやサラダとして提供もしています。

植物工場で栽培された食材とはいえ、実際に食べることができることを目的にしていることから、過剰な農薬の散布や土を使っていないので洗わなくても生のままで食べることができますし、天候に左右されることがないので安定した量の食材が収穫されます。しかし基本的に機械が管理していることから安定した食材が収穫されるまでの初期費用が高いことと、現在はまだ実験段階で栽培していることもあり、食材として供給している物が限られていることから、すべての野菜が栽培されているわけではないです。

植物工場・太陽光利用型とは

植物工場・太陽光利用型とは太陽光を利用した植物工場であり、栽培方法や湿度や室温や養分といった管理方法も人工光を使った植物工場とほとんど変わりはないですが、太陽光を使うことによって果物や野菜といった食材を栽培することができます。太陽光を上手に機能することができるようにビニールハウスで栽培しながらも、その日の天候や気候に合わせ気温や湿度など調節することによって、年間通して安定した状態を保てることができます。

基本は養液栽培方法を採用していますが、野菜や果物の種類によっては通常は土を使うのをロックウールなどの培地で代用することで、品質を落とすことがなく安全に栽培することができます。衛生管理に関しても人工光型とほとんど変わりがなく、専用の服に着かえてからエアシャワーを浴び菌が付着していない状態で中に入るものの、密封された状態ではないで虫が入ってくることもありますが、そういうことに備えて自然界の法則を活かすことによって、できる限り農薬を使わないで栽培しています。天候や気候に左右されなく安定した数量の食材を収穫することができますが、収穫する時や商品をパック詰めする際にはある程度の人材を確保しないとならなく、人手不足に関しては他の方法で栽培している農家と共通の課題といえます。

植物工場・完全人工型とは

植物工場・完全人工型はビルの一室または倉庫や工場の一部にて、植物または食材を栽培している工場です。工場なので室温や湿度や養分は機械が管理し、ほとんどの植物工場が養液栽培でおこなっていることから、土を使わないので無菌状態を保つことによって農薬を使わなくても栽培することができます。外で植物や食材を育てる際には太陽の光をあてていますが、植物工場では太陽光の代わり人工光を使っていますので、雨や雪といった天候にも左右されないまま栽培することができます。

また無菌状態を維持し農薬を使わないことから、洗わなくても生の状態で食べられるのがメリットといえます。その為に衛生管理は徹底しており、1度室内から出た後に再び室内にて入る時には専用の着替えやマスクや手袋を着用するだけではなく、エアシャワーや温水シャワーを浴びて余計な菌を付着していない状態で入らないとならないです。年間通して安定した数量の植物や食材の収穫が可能ですが、食材に関しては現時点においてハーブや葉物類しか流通していないので、安心・安全な食材とはいえこれからは栽培することができる食材の拡大、またコストが高い栽培方法でもありますので低コストでもできる方法を探すことも将来への課題といえます。

植物工場みらいの評判

植物工場は密封された室内やテラスハウスやビニールハウスなど限られた場所で、年間を通りして安定した気温や湿度や必要な栄養を吸収して栽培をしていることから、天気や天候などに関係なく必要な数を収穫することができます。また農薬を一切使っていない状態となっていることから、食材によっては使う際にも切らなくてはならない部分も少なく、洗わなくても生の状態で食べることもできます。安心・安全なことから、植物工場にて栽培された食材で飲食業界にて流通されているものの中には、メニューで使う食材として使っていることもありますので、将来の農業方法としては期待する声もあります。

しかし空調管理や衛生管理や栽培方法はほとんど変わらないですが、栽培している場所によって収穫することができる物が変わってきますし、安全・安心に流通することができるのは限られた品目だけなことから、栽培することができる物を増やすことが将来に向けての課題となっています。また栽培するための場所探しや収穫するまでの費用が掛かってしまうことから、収益として繋がるまでのリスクが高いこともあり、これらの課題をクリアしないと一部の企業だけの生産程度になってしまいます。

未来に向けた記事

未来に向けた記事

Copyright (c) 2017 未来の乗り物やハイテク器機・エネルギーなどを紹介します All rights reserved.