未来の乗り物やハイテク器機・エネルギーなどを紹介します

水力発電はエコだというイメージがありますが様々な酒類やメリットやデメリットがあるのです。
トップページ >
ページの先頭へ

水力発電とは

水力発電とは水の力を活かした電力発電の1つで、比較的水量がある水を高い所から低い所まで落とし、水車の回転数によって電圧を上げることができ、消費電力に変換し蓄積することで家庭用として利用することができます。この方法は水を多く溜めることができるダムでおこなわれている水力発電方法で、他にも川に流れている水の勢いをそのまま利用して発電する方法もあります。

日本は元々、年間を通して安定した雨量や大小様々な川があり、コストが抑えられ水車の需要があったことから昔は水力発電が主流となっていましたが、現在は他の発電できる方法も増えてきたことにより、全体の1割程度しか水力発電を供給していないです。

限られた地域でした供給することができない理由の1つとしては、安定した雨量があっても季節によっては何日も続けて雨が降らないこともありますし、人々の生活水としても利用することから水を多く溜めることができるダムでも渇水期となりますと、放水することができる水の量が限られていますので、そのことから発電できる電気量にも変動があるのです。自然の力を電力として活かしながらも、他の電力方式と比べてCO2排出量が少ないことでも知られていることから、必要な発電方法でもあるのです。

水力発電の種類

水力発電は基本的には水の流れを利用して水車を回して発電を行という仕組みとなります。ただ、その水力発電は地形に合わせて発電の方法は3通りあることとなります。揚水式と自流式と貯水式の3つに分けることが出来るのです。揚水式は電気代の安い夜の電力を使って山の上に水を汲みあげ昼間に下の池に水を流すことで発電を行うという方法となります。自流式は川の流れをそのまま利用するという方法で上流から下流に向かって流れて入る水により発電を行うという方法になります。

貯水式は山間部にダムをつくって水を溜めて、溜めておいた水を流すことにより発電を行うという方法になります。どの水力発電の方法をとるのかはまさに地形によるところが大きく、その上で近隣の需要との兼ね合いという部分も考えることが出来ます。もっとも大きな発電ができるのがダムによる水力発電ということになります。大規模な需要にこたえるのはダムを作っての水力発電がメインとなってくるのです。このように水力発電と一言で言ってもいくつかの方法があり決して単純なものでもないということが言えるのです。

水力発電のメリットとデメリット

発電の方法には色々な方法があります、多くの国で採用されている火力発電や原子力発電が世界では主なものとなっていますが今、注目をされているのは水力発電となります。水力発電のメリットは二酸化炭素を発電の際に発しないクリーンエネルギーだという事を一つ、挙げることが出来ます。また枯渇することない水という力を利用するので再生可能なエネルギーだということが出来ます。さらに、日本は水に恵まれた国です、海外からの輸入に頼って発電を行うのではなく純国産で発電を行えるという点もメリットだと言えます。

一方の水力発電のデメリットはどんなものがあるのでしょうか。水力発電を行うにはダムの建設が必要となってきます。そのためには自然を破壊することとなります。これはデメリットだと言えるでしょう。また、水力発電には必ず水が必要になってきます。つまり、天候に左右されることとなるのです。雨が降らなければ発電も出来ないこととなるのです。ダム自体にもリスクもあります。ダムが決壊する可能性もゼロではないという事は頭に入れておくべきでしょう。全てを水力発電に頼るのは無理があるのかもしれません。

水力発電自作キットとは

水力発電自作キットは、子どもが水力発電を学ぶために組み立てながら簡単な実験もすることができる専用のキットから、学生や大人向けの実験用のキットなど材料を探さなくても予めセットとして販売していますので、組み立てるだけで水力発電を知ることができます。商品によって値段がバラバラですが、子供用の自作キットですと数千円単位で購入することができますが、ちょっとした水力発電自作キットとなりますと数万円単位とそれなりの値段が付いていますので、DIYが好きで自分で作ってみたいと思っている人は検索してみますと色々な商品があります。実用的に水力発電を作ってみたい人や材料も1から自分の手で探して組み立てて完成させたい人は、身近なもので水車を作って発電することができる本も販売しています。

本の場合は専用キットとは違い費用が掛かるものの、お金さえあれば自宅で電力を作るというのは不可能ではないです。自分の手で1から作ってみたいとなりますと、ある程度の知識と技術と莫大な費用が掛かってしまったり難易度が高いというイメージがありますが、小さいころから工作することが好きだった人にとってはその延長線上で作ることができ達成感もあることから、興味がればチャレンジしてみて下さい。

未来に向けた記事

未来に向けた記事

Copyright (c) 2017 未来の乗り物やハイテク器機・エネルギーなどを紹介します All rights reserved.