未来の乗り物やハイテク器機・エネルギーなどを紹介します

ソーラーシステムの仕組みや種類を解説します。
トップページ >
ページの先頭へ

ソーラーシステムとは

ソーラーシステムとは最近、よく耳にする言葉だと言っても良いでしょう。太陽光の熱エネルギーを利用して冷暖房や給湯を行う仕組みとなります。太陽熱温水器は集熱器と蓄熱槽が一体化していますがソーラーシステムの場合は集熱器と蓄熱槽が分離しているのが特徴となります。

ソーラーシステムには水式ソーラーシステムと空気式ソーラーシステムとがあります。また、違った分け方では機械を使ったアクティブソーラーシステム、蓄熱や空気が自然循環することを利用するパッシブソーラーシステム、両方を組み合わせたハイブリッドソーラーシステムに分類することもできます。ソーラーシステムを利用したものは何も暖房や給湯などだけではありません。

今どきは色々な場面においてソーラーシステムは活用をされているのです。たとえば太陽光を利用した調理器であるソーラークッカー、乾燥地帯や熱帯地方での活用に期待が持てます。太陽光を利用してモーターを回すことで動くソーラーカー、太陽光を最大限い生活に利用した形なるソーラーハウスなどがあります。ソーラーエネルギーは無限にあります。まだまだ活用の方法は出てくるはずなのです。

水式ソーラーシステムの仕組み

ソーラーシステムの一つである水式ソーラーシステムは名前の通り水の循環さすことにより太陽光のエネルギを住居の中に循環をさせる仕組みとなります。まず、屋根に設置された太陽集熱器によって不凍液などの高温になっている触媒を循環ポンプで循環をさせます。
一方、蓄熱槽に蓄えられている水を熱交換器によって温めてお湯にします。基本はこの流れが水式ソーラーシステムということになります。天気が悪いことで集熱出来ている量が足らないときには補助熱源器で温めてお湯にすることになります。

この流れを利用して暖房用の配管や循環のためのポンプなどを付けると温風暖房や床暖房へと応用が効くということになるのです。このソーラーシステムが上手くまわっていれば冬の晴れた日などは床暖房などの暖房費にかかる費用はほぼ無料となるというわけなのです。水式ソーラーシステのもう一つのメリットは太陽熱を利用することが出来る効率が極めて高いという点となります。集熱器の受け取る太陽エネルギーのは分である50%もお湯の熱として蓄えることが出来るのでかなり効率は高いと言えるのです。

空気式ソーラーシステムの仕組み

ソーラーシステムの種類の方法としては空気式ソーラーシステムというものもあります。こちらは屋根に設置されたガラスがついている集熱部分から高温になった空気を屋根裏から送風機ユニットによって床下に送風するというもので、床下の蓄熱材に蓄熱させたのちにその空気を直接室内に入れていくという方法となります。また、蓄熱槽に水を蓄えておくと送風器ユニットの熱交換基により温めてお湯にすることが可能となっています。住居の中を結果的に空気が循環するということになりますので換気にも利用することが可能となっています。

そのため、暖房だけへの利用ではなく地域によっては冷気を室内に送り込むことが可能となるので冷房に利用することも可能となっています。空気式ソーラーシステムの基本となるのは冬の暖房ということになります。つまり、一番効果的に活用出来る季節が冬が中心ということになります。そのため、空気式ソーラーシステムがフィットしている地域とそうでない地域が分かれるという事になります。冬の天候や気温をしっかりと把握したうえで利用が必須となるのです。

太陽エネルギー利用の魅力は?

太陽エネルギーというものが注目をされるようになって久しいと言えます。太陽エネルギーは多くの人や国によって注目をされているのですが、その大きな魅力というものはどういったところにあるのでしょうか。それは太陽はいつも誰に対しても分け隔てなく光を降り注いでいることに大いに関係しています。それをエネルギーだと考えると無限大にエネルギーに満ちていることがわかります。実際に、太陽光が地表に降り注いでいる1時間程度の時間で世界中のひとが1年間利用することが出来るエネルギーを得ることができるとも言われているのですから、いかに太陽のエネルギーがすごいものであるのかということがわかります。

タダ同然で利用できるエネルギーであるのが太陽エネルギーということになるのですから、後はそのエネルギーをいかにして人間が利用する方法を見つけることが出来るかということになるのです。すでにいくつかの方法で太陽エネルギーの活用方法が生まれてきていますが、まだまだ活用方法あるはずなのです。無限のエネルギーと無限に秘めた可能性、それが大きな魅力だと言えるのです。

未来に向けた記事

未来に向けた記事

Copyright (c) 2017 未来の乗り物やハイテク器機・エネルギーなどを紹介します All rights reserved.