未来の乗り物やハイテク器機・エネルギーなどを紹介します

電子レンジの仕組みやハイテク機器などを紹介します
トップページ >
ページの先頭へ

ハイテク機器や乗り物・エネルギーなどを紹介します。

ハイテク機器や未来の自動車や様々なエネルギーなどを紹介します。トップページでは電子レンジについてのお話しなのですが、その前に少しエネルギーについて話をしておきます。エネルギーと平和どちらが大事だと思いますか?多くの方が「平和」だと答えるのではないでしょうか?

しかし、実際には資源の方だ大事にする場合が多いのです。まず、第二次世界大戦で日本が戦争に向かってしまったのは、ABCD包囲網による日本包囲網が出来てしまったからでしょう。これにより日本は資源に苦しむ事になり戦争に突き進んだ事になります。エネルギーが無くなるという事は、車も動きませんし、電気も使えないなど生活がかなり苦しむ事になるでしょう。

そうなると国は資源確保のために戦争に突き進んだりするわけです。実際に、北朝鮮に対する経済制裁やロシアに対する経済制裁も場合によっては戦争に突き進んだりすると考える人も多くいます。それを考えればやはりエネルギーと言うのは大事だと思いました。さらに言えば、未来に興味を持ったので色々とハイテク技術などを紹介するサイトを作りたいと思いました。

電子レンジとは

電子レンジとは、電磁波と呼ばれる電波によって水分を含んだ食品などを発熱させる調理機器のことを言います。日本で使用されているこの電子レンジと言う名称は、1961年に急行電車のビュフェで東芝の製品をテスト運用した際に国鉄の担当者がネーミングしたのが由来とされています。

その後、市販品にも使われたことから一般的な名称として広まりました。英語ではマイクロ波オーブンと呼ばれています。この電子レンジを発明したのはアメリカ合衆国にあるレイセオン社で働いていた技師のパーシー・スペンサーという人物で、1945年にマグネトロンの前に立った際にポケットの中のチョコバーが溶けていたことからこの現象を調理に使う着想に繋がったと言います。

製品化されて発売されたのは、1947年のことでした。この時はじめて調理した料理はポップコーンと言われており、二度目に選ばれた鶏卵は爆発によって失敗となりました。日本では1944年に海軍技術研究所と島田実験所にてマイクロ波を照射することで航空機などを遠隔攻撃するための研究の研究を行っていました。

電子レンジの自動あたための仕組み

電子レンジには蒸気、重量、赤外線センサーのどれかがついており、これが重要な役目を果たしています。蒸気センサーは最も古い形式で、マイクロ波を照射すると水分が発熱して出た蒸気を感知し、マイコンがストップする仕組みになっています。

ただこのセンサーの場合は器にラップをしてしまうと蒸気が閉じこもってしまうので、測定することが出来ません。重量センサーは蒸気センサー最大の弱点であるラップをかけた際の加熱を補ってくれる機能です。重量センサーは乗せられた器と食材の重量を検知することで、加熱中に蒸気として宙に吹き出した水分と減った分の重量差を感知して動作します。

赤外線センサーは発熱した物から出る赤外線の量を感知する事で加熱の程度を測り、マイコンがストップする仕組みです。この機能を搭載しているのは中級以上のモデルと言われており、単体の電子レンジには搭載されていません。また赤外線センサーが搭載されている場合、器によってムラが出るという弱点があります。そのためコップに牛乳を入れて暖める場合などは電子レンジのメニュー指定をして加熱したほうがいいと言えるでしょう。

電子レンジのマイクロ波で食品を温める仕組み

電子レンジの仕組みを理解する前に水分子の構造を理解しましょう。水の分子は酸素原子ひとつと水素原子ふたつがくっついて出来ています。これには法則があり、通常は酵素分子の右斜め上と左斜め上に水素乗るようにくっついています。この。水分子自体は電荷は持っていません。しかし水素原子はプラスの性質を、そして酸素原子はマイナスの性質をもちあってくっついているため電気や電波の影響を受ける場所に入ると、プラスやマイナスの性質の影響を受けるのです。

電波照射によって発生するこの電界は交流電界となるので、プラスとマイナスの方向が切り替わり続けます。この時の速度は電波の周波数で決まるようになっています。電子レンジで使用されるマイクロ波の周波数は2.45GHzなので、1秒間に24億5000万回プラスとマイナスが切り替わっているのです。この周波数が早くすぎたり遅すぎたりすると、水分子はプラスマイナスの切り替わりに追いつくことが出来ず、抵抗による発熱が起こらなくなってしまいます。よって電子レンジが水分子を狙って加熱できるのはマイクロ波の周波数が大きな役割を果たしているのです。

電子レンジの掃除の仕方

電子レンジの中の汚れは主に食べ物が飛び散った油などの汚れが多いと言われています。これをそのまま加熱し続けるとどんどん固まって落ちにくくなってしまうのです。そのためまず掃除をする前に、水で濡らしたタオルを軽く絞って電子レンジの中に入れ、1分程度加熱するようにします。するとタオルから水蒸気が出ることによって、電子レンジ内に広がった汚れを浮かしてくれるのです。加熱後はすぐに扉を開けず、2分から3分程度おいておきましょう。掃除をする際は火傷をしないようにゴム手袋などで手を守り、加熱されたタオルで電子レンジの中を拭きます。この時、ガンコな焦げ付きを見つけたら古い歯ブラシに歯みがき粉をつけて擦ってみましょう。歯みがき粉の研磨剤が、焦げを落としてくれます。落ちたコゲは濡らしたタオルで拭くようにします。またレモンもガンコな汚れに有効です。レモンにはリモネンという油をとかす成分が含まれていることから、温めることでその作用を高めることが出来るのです。やりかたはまず耐熱ボウルに水、絞ったレモン汁、絞り粕をいれて加熱します。そのまま5分ほど放置した後に、レモン汁を染み込ませたスポンジで擦りましょう。

未来に向けた記事

未来に向けた記事

Copyright (c) 2017 未来の乗り物やハイテク器機・エネルギーなどを紹介します All rights reserved.