未来の乗り物やハイテク器機・エネルギーなどを紹介します

セントラルヒーティングについて考えてみました。
トップページ >
ページの先頭へ

セントラルヒーティングとは

セントラルヒーティングとは一箇所の熱源装置から発生した熱を暖房が必要な部屋全てに送り届けることが出来る方式の事を言います。温水セントラル方式と温風セントラル方式とがある暖房の方法となります。熱源装置は色々なものが考えられますが日本では石油が主なものとして利用されてきました。他にもガスなどを熱源として利用している場合も見受けられます。熱源にはボイラーがあり、そこで湯をわかすこととなり循環ポンプにより各部屋にラジエターという放熱器を経由して暖房をしていくことになります。

ストーブなどのように火があるわけでもなく比較的高温となることも少ないのでやけどの心配や火事の心配をする必要はありません。安全性にかなり優れてることになるので安心して導入することが可能なのです。ただし、セントラルヒーティングを取り入れようとすると熱源の設置や各部屋へのラジエターの設置や循環ポンプなどを設置していかなくてはいけないので大掛かりな工事となります。そのため、費用が相当にかかるという点が大きなデメリットな点だといえるのです。

セントラルヒーティングのメリットとデメリット

セントラルヒーティングは寒冷地に住んでいると必需品といっても良いかもしれません。一度導入すると、その快適さに感動するとも言われています。東京や大阪などの都心に住んでいると、そこまで寒くならないのでセントラルヒーティングまでも必要が無いように思えますが、やはり寒冷地では良い暖房の方法だと言っても良いでしょう。セントラルヒーティングのメリットは何と言っても一箇所の熱源を利用することで家全体を温めることができるという点だといえます。

それぞれの部屋でストーブなどを炊いて温めるよりもセントラルヒーティングのほうが断然便利で効率的だといえますし、結果的にランニングコストも安価で済む可能性も高いのです。火を使うことがないので安全性が高いというメリットもあります。火傷の心配も火事になるという心配もなくなるというわけなのです。セントラルヒーティングのデメリットを挙げるとすると多方面に熱源や循環ポンプ、ラジエターなどを設置しなくてはいけないので導入時の初期費用が高いということが考えられる点です。工事はかなり大掛かりなものとなるのです。

セントラルヒーティングの安全性

暖房を行うにはいろいろな方法があります。暖炉や囲炉裏にコタツ、ホットカーペットなどといったものもありますが、最もポピュラーなものはストーブであったりエアコンと言ったものではないでしょうか。ただし、どの方法をとっても各部屋ごとに暖房をするというのが基本で家全体を温めるということは結構大変なことだといえるのです。その点、セントラルヒーティングですと家全体を温めることができて便利です。特に寒冷地に適している暖房方式だといえます。セントラルヒーティングのポイントは熱源は1箇所で済むということです。

集中的に管理ができるのです。ですから各部屋で熱源を用意しないといけないと言うようなことも起きないのです。つまり、ストーブなどのように部屋ごとに火があるといいうようなこともないこととなります。これは火傷のリスクもありませんし家事のリスクもないということを意味します。その上、熱源を電気にしてしまえば熱源から各部屋のライジエターに至るまで火傷も火事も考えなくても良いということになります。これらを総合するとセントラルヒーティングは安全性が高いと言えるのです。

温水セントラルヒーティングシステムとは

セントラルヒーティングには温水セントラル方式と温風セントラル方式とがあります。一般的にセントラルヒーティングというと温水セントラルヒーティングシステムのことを指します。温水セントラルヒーティングの仕組みとしては1箇所の熱源装置をから熱を発生させることから始まります。熱源にはガスや灯油、電気があります。熱源によって発生した熱でお湯を沸かして、そのお湯である温水を循環ポンプを通して各部屋に設置されたバネルヒーターやパネルラジエターに送ることによって暖房を行う方法となります。

ストーブなどで各部屋を温めるのとは違い一箇所で集中して管理を行う仕組みとなります。温水を利用するので長い距離の配管を通っても熱損失が少なく大きな建物でも建物全体を温めることができるというメリットがあります。デメリットはセントラルヒーティングを設置するための費用がかさむという点になります。熱源は従来は灯油である場合が多かったのですが近年の新しい住宅では電気を熱源として利用している場合が多いようです。ヒートポンプで温水を作ると電気代が抑えられると言われています。

未来に向けた記事

未来に向けた記事

Copyright (c) 2017 未来の乗り物やハイテク器機・エネルギーなどを紹介します All rights reserved.